識別力を有すること


登録には、商標が識別力を有していることが必要です。識別力とは、商標により需要者が何人の業務に係る商品・役務であることを認識できる機能をいいます。
以下の商標は登録できません。

・普通名称のみの商標(3条1項1号)
・慣用商標(3条1項2号)
・記述的標章のみの商標(3条1項3号)
・ありふれた氏または名称のみの商標(3条1項4号)
・きわめて簡単、かつ、ありふれた標章のみの商標(3条1項5号)
・1号〜5号以外で需要者が認識できない商標(3条1項6号)

3号〜5号に該当しても、全国周知性がある場合は登録を受けることができます(3条2項)。



戻る